ぶくぶく茶の本

このサイトを作るときに参考にしました、ぶくぶく茶関連の本を紹介します。

おきなわブクブクー茶物語

あしとみじゅんこ 文・絵。制作・販売 沖縄タイムス出版社。定価1,500円。
管理人が一番最初に読んだ、ぶくぶく茶の本です。本というより絵本に近いです。 主人公の和歌子ちゃんが、ぶくぶく茶をはじめて飲んで、 お茶の立て方を体験したり、ぶくぶく茶のいろいろなことを教えてもらうという内容です。 とても分かりやすいので、子どもでも読めると思います。 ぶくぶく茶の本のなかでは、一番好きな本です。

おきなわブクブクー茶物語

ブクブクー茶

安次富順子 著者 ニライ社。定価1,800円。
おきなわブクブクー茶物語を詳しくしたような本です。 作り方とか歴史はもちろんのこと、材料の詳しい解説や水のこと、 道具のこと、エピソードなどが写真を交えて分かりやすく書かれています。 ちなみに絶版になっています。

ブクブクー茶

琉球ブクブク茶道

発行 あけしのの会。
ぶくぶく茶を茶道として紹介している本です。 立ち居振る舞いかたや基本動作など、写真を交えて紹介してます。 けっこう細かくて難しい本だと思います。 ぶくぶく茶を深く学びたい人におすすめです。

琉球ブクブク茶道

若い人の為の琉球ブクブク茶道

発行 あけしのの会。
琉球ブクブク茶道より、読みやすいかと思います。 学生さんが茶道としてぶくぶく茶を立てている写真があります。 お茶にそえる料理の写真もあります。 ぶくぶく茶の作り方が、沖縄伝統ブクブクー茶保存会とは違うのが特徴。 さんぴん茶ではなく玄米茶を使っています。

若い人の為の琉球ブクブク茶道

民族資料選集(振茶の習俗)

漆間元三 編 発行:財団法人 国土地理協会。定価3,000円。
日本各地の振り茶について、すごく詳しく書いてある本です。 お茶の入れ方や道具はどういうものだったかとか、写真と地図を交えて紹介しています。 お茶に興味がある方は、読み物としても面白いと思います。

民族資料選集(振茶の習俗)

沖縄健康茶読本

編集:田崎聡 出版:株式会社ライトプレス出版社。税抜き1,143円。
ぶくぶく茶をふくめて、沖縄の健康茶を16種類紹介している雑誌みたいな本です。 ぶくぶく茶、さんぴん茶、ゴーヤー茶、うっちん茶、ハブ茶、ハイビスカス茶など、 沖縄のお茶の写真・効能をまじえて分かりやすく紹介。 薬草についての知識や、沖縄の茶器、茶処など、見るだけで楽しい本になっています。

沖縄健康茶読本

ぶくぶく茶 通販

沖縄茶道 ぶくぶく茶(5袋入り)
沖縄伝統のぶくぶく茶が、お家で作れます。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 BUKU×2、ぶくぶく茶。 All Rights Reserved.